FC2ブログ

ダービー卿CT 特注馬

2012年03月31日 21:58

今日の中山メイン、1、2、4、7着馬は急坂の中山マイルで後傾ラップを踏みながら、
直線鋭く追い込んできたように中山の芝は外差しに移行しつつある。今開催は週末の雨が続き、
また各馬がインに殺到したこともあり、馬場の内目は荒れている。ただ、芝の育ち自体が悪いので、
雨が降って時計が掛かると、どこを通っても走りにくいのでコースロスの少ない内が
有利になっていた、と言う面が大きかった。

それでも今日のメインを見るといよいよ内が悪くなってきたと見る。予報通りなら明日は晴れて良馬場だろう。
馬場が完全に乾いてしまえば内外の馬場差が目立ち、一気に外差しに移行してくる可能性もあると考えた。

またダービー卿CTはかなり先行馬が揃っているため、なおさら外差しができる馬を狙いたいところだが、
外枠に入ったアプリコットフィズやミッキードリームの体調はイマイチだし、前者は人気、
後者はコースもイマイチで期待値は決して高くない。

当初はまったく考えもしていなかった馬だが、戦績を素直に見返すと間違いなくマイル志向なネオサクセス。
快勝した美浦Sの2、3着馬はアカンサスにプレイ、5着した中山記念で先着されたのはフェデラリスト、
シルポート、リアルインパクト、ネオヴァンドーム。共に中山1800で前者は超スローの上がり勝負、
後者は内しか伸びない競馬だったことを考えてもマイル志向は間違いないだろう。

確かに美浦Sの時計自体はさほど誉められたものではないが、冬場の中山で上がり33.6は限界。
かなり伸ばす余地はあるはずだし、前走中山記念で1.1秒離された内容でも、
このメンバーなら十分通用するとも言える。

中距離ばかりを使われているローテーションからスピード不足だと思われるだろうが、
レース内容を見ればリビアーモのようなもので、かなりスピードが勝ったタイプと判断できる。
小回り1800のスローを直線だけの競馬でなで斬りをスタミナタイプがやるのは極めて難しい。

ネオユニヴァースは牡馬でもスピードの爆発力に優れたマイラーを出すことがあり、
アンライバルドやゴールスキーは典型だろう。彼らの覚醒したレースや、この馬の上がりの脚を見る限り、
マイルでもある程度馬場が軽くなった方が走りやすいとさえ言える。良馬場の中山マイルで外差しなら、
覚醒の条件は間違いなく揃っている。ここ2走セットで走っているネオヴァンドームも
本質は完全な高速馬場の速力競馬向きの馬だ。

本来、サトノタイガーやタガノエルシコと同斤以上でも不思議無いので、ハンデにも恵まれている。
本質マイラー、明日の競馬には一番向きそうと、これだけでも買い材料は十分だが、もっとも強調できるのは
中山記念→今回で調教が大幅に良化していること。かなり状態が悪そうだった前走の内容でも通用と見ているので、
状態大幅アップ&条件も良化のここは間違いなく走ってくると思われる。

ジャッジのポイントは単純に完全な外差し馬場に移行してくれるか。これが一番。
最後方待機→4角~直線大外の可能性が高い以上、内でも勝負になる競馬になると非常に厳しく、
とても買えない。ダイワファルコンが怖い競馬になりそうなら馬券は即見送りだ。
完全に馬場が乾いてくれるのと、少し体重が減ってくれれば完璧。

あんなことを言った直後ではあるが、これだけ条件揃ってるなら前向きに勝負を考えないといけない。
この低調なメンバーで外差しになれば凡走する可能性の方が低い。

◎ネオサクセス
スポンサーサイト